■トップコンサルタントのブログ 40年の実績で語る

 経営コンサルタント歴40年のキャリア。「コンサルタントのためのコンサルタント」  お節介焼きを信条とし、グローバルな視点で、経営者・管理職の立場に立ってお手伝いします。

◆【経営コンサルタントの独り言】2月6日(月) つぶやき改訂版 経営に王道なし、されど成功の道はある 

◆【経営コンサルタントの独り言】2月6日(月) つぶやき改訂版 経営に王道なし、されど成功の道はある 

あんぐりうさぎ

平素は、ご愛読をありがとうございます。

9時頃になってしまうかもしれませんが、「つぶやき」の改訂版をお届けします。

晴れ

 東京当地現在は晴れて、朝にしては暖かめの穏やかです。

 昨日は、良いお湿りがあるかと思いましたが、降ったことは降ったのですが、良いお湿りと言えるほどではありませんでした。

 本日の天気予報・東京では、晴時々曇、しかし、乾燥注意報に加え、強風注意報です。

 立春を過ぎていますので、暖かい南からの強い風が吹けば春一番になるはずです。

 しかし、高気圧の位置からしますと、春一番ではなさそうです。


◆ 長崎二十六聖人殉教の日と邪宗門 2017/02/06

 昨日は、「長崎二十六聖人殉教の日」でした。

 学生時代に、東京から車で西日本を一周したことがあります。

 その時に、長崎で二十六聖人殉教の碑を訪れました。

 何の知識もなく行ったのですが、秀吉はひどいことをする男だったのだ、という単純な思いをしました。

 白秋の邪宗門というのは、受験のための知識としては持っていましたが、書を紐解いたこともありませんでした。

 歴史的に見ますと、秀吉も、信長の比叡山焼き討ちほどはひどくなかったことがわかりました。

 ポルトガル商人が、日本人を侮辱的ビジネスに使ったことが秀吉の逆鱗に触れたようです。

 詳しくは、ブログでどうぞ

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a92da0367acb2a8aefd9dd8b7c4f2c46


◆ 経営に王道なし、されど成功の道はある 

 私は、「経営に王道なし」「経営に秘策はない」と考えています。

「それでは、経営コンサルタントなど不要ではないか」と言われてしまいそうですね。


 経営環境は日々変化しています。

 その中で、マイナーチェンジをしながら企業経営を行って行きます。

 しかし、全体ベクトルはかわりません。

 それがぶれてはダメなのです。

 そのためには、何を、どのようにしたら良いのか、経営コンサルタントはアドバイスをします。


 ところが、時には時代が大きく変化し、それに対応できない企業が出ることもあります。
 その時には、舵を大きく切る必要があります。

 これが全体ベクトルの切り替えです。

 生兵法は怪我のもと、ここで必要なのは、“真”のプロ経営コンサルタントです。

 では、そのようなプロフェッショナルは、どこに行けば見つかるのでしょうか・・・

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/e949f82f36d6a980e36728f806a4f760


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/429df70ca17002fb14275749f31aefd4

 


スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2017/02/06(月) 08:05:00|
  2. 経営コンサルタントのひとり言