■トップコンサルタントのブログ 40年の実績で語る

 経営コンサルタント歴40年のキャリア。「コンサルタントのためのコンサルタント」  お節介焼きを信条とし、グローバルな視点で、経営者・管理職の立場に立ってお手伝いします。

◆【経営四字熟語】これを知っているとあなたは尊敬の眼差しで見られる 意馬心猿

◆【経営四字熟語】これを知っているとあなたは尊敬の眼差しで見られる 意馬心猿

 四字熟語というのは、漢字4文字で構成された熟語で、中国の故事などに基づくことが多々あります。

 ところが、それだけではないのです。

 多くの四字熟語を見ますと、経営コンサルタント歴40年余の目で見ますと、経営に直結する示唆の多いことに気がつきました。

 独断と偏見で、それを皆様にご紹介したいと思います。

意馬心猿 いばしんえん 

マズローの欲求五段階説 

 


 人間というのは、欲望・欲情から逃れることがなく、仏教では108の煩悩を持つと言われています。

 この煩悩を押さえがたいというのが、意馬心猿です。



 マーケティングというのは、人間が持つ顕在的なニーズだけではなく、顕在化しているニーズをも引き起こし、売れる仕組みを作ることです。

 そのステップが「AIDMAの法則」です。



 マーケティングを学ぶときに、AIDMAの法則と共に忘れてならないのが「マズローの欲求五段階説」です。

 人間の欲望というのは、基本的な欲求と上を目指す欲求とがあります。

 前者としては、「生理的欲求」「安全欲求」があり、これが満たされると「帰属と愛情の欲求」が求められます。



 自分が住む家に家庭があると「帰属と愛情の欲求」が満たされ、さらに上を求めます。

 会社で昇格をして管理職になりたい、さらには役員に就きたい、等々は「尊敬の欲求」というマズローの欲求五段階説の第4段階です。



 その様なニーズがある中で、経営コンサルタントは社員研修の講師をし、モラールを上げ、その欲求実現のお手伝いをします。

 結果として企業の業績が向上すれば経営コンサルタントとしての評価が高まります。



 すなわち、経営コンサルタントとしての名声が上がります。

 マズローの第4段階は経営コンサルタントにも当てはまります。



 経営コンサルタントとして成功したいというのは、「自己実現の欲求」という第5段階に相当します。

 すなわち、われわれ経営コンサルタントは、企業を支援することにより、その企業の「夢」すなわちその企業の「自己実現の欲求」充足のお手伝いをしながら、自分自身の自己実現を図って行く職業なのです。

 

◆ 四字熟語と名言 バックナンバー ←クリック

日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
日本経営士協会の歴史が日本の経営コンサルタントの歴史
経営コンサルタント資格は中小企業診断士だけではない
暗記力よりも経験・実績・実力を重視した審査
 資格を持っていない人でも入会でき、プロから学べます
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み

スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2017/01/16(月) 12:05:00|
  2. 四字熟語・名言・格言