■トップコンサルタントのブログ 40年の実績で語る

 経営コンサルタント歴40年のキャリア。「コンサルタントのためのコンサルタント」  お節介焼きを信条とし、グローバルな視点で、経営者・管理職の立場に立ってお手伝いします。

◆【経営コンサルタントの独り言】7月14日(金) つぶやき改訂版 規則や風習・習慣と臨機応変性

◆【経営コンサルタントの独り言】7月14日(金) つぶやき改訂版 規則や風習・習慣と臨機応変性

とびだすうさぎ1

平素は、ご愛読をありがとうございます。

「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

晴れ


■ 規則や風習・習慣と臨機応変性 2017/07/14

 13日は「盆の入り」でした。

 お盆には、おがらを焚いた迎え火や飾り物など、地方により風習が異なるようです。

 それどころか、お盆の日そのものが異なります。

 東京では、新暦7月15日がお盆ですが、同じ東京でありながら、7月15日に最も近い日曜日をお盆とするところもあるようです。

 おそらく、休みの日ならお墓参りにも行きやすいからなのでしょう。


 私は、伝統的な風習や習慣を残すことに賛成です。

 しかし、上述のような合理性を持った変更は許されて良いのではないかと考えます。

 経営も同様に、基本的なやり方や規則はあっても、それに固執しすぎてはいけないのではないでしょうか。

 臨機応変という四字熟語があります。

 上述のように臨機応変に対応することには賛成ですが、自分本位な偏った考え方で、それを正当化するような言動はいただけないと考えています。

 その判断は難しいですが、周囲も納得できることが判断基準のひとつではないでしょうか。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a6cd61a400434e61f21dcc048aa471f9

飛行機

スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2017/07/14(金) 07:35:00|
  2. 経営コンサルタントのひとり言