■トップコンサルタントのブログ 40年の実績で語る

 経営コンサルタント歴40年のキャリア。「コンサルタントのためのコンサルタント」  お節介焼きを信条とし、グローバルな視点で、経営者・管理職の立場に立ってお手伝いします。

■■【経営コンサルタントのお勧め図書】「木を見て森も」見る 企業の成長戦略が10時間でわかる本

■■【経営コンサルタントのお勧め図書】「木を見て森も」見る 企業の成長戦略が10時間でわかる本

 「経営コンサルタントがどのような本を、どのように読んでいるのかを教えてください」「経営コンサルタントのお勧めの本は?」という声をしばしばお聞きします。

 日本経営士協会の経営士・コンサルタントの先生方が読んでいる書籍を、毎月第4火曜日にご紹介します。

■      今日のおすすめ

 『企業の成長戦略が10時間でわかる本』(木嶋 豊著 あさ出版)

■      知識は知っているだけではなく、実戦で使える知見まで高めよう。(はじめに)

 紹介本は、経営書には珍しく「企業の誕生(起業)から成人(IPO)まで」の各ステップに於ける経営戦略を、知名度の高い「フレームワーク」を用いながら、知識に偏ることなく、図表を用いながら実戦的且つポイントをついて簡潔に説明しています。

 経営者やコンサルタントを目指す人にとっては、自身の実戦力を高める材料を提供してくれるでしょう。また、ベテラン経営者やベテランコンサルタントにとっては、自身のマネジメントを振り返る材料を提供してくれるでしょう。

 各々の皆さんが、「さらに詳しく」と考えられる部分は、さらに深く探求できるよう、各時間(「1時間が一章」で「10時間立て」となっている)の終わりのページに参考となる専門書が紹介されています。

 さらにこの紹介本の優れている点は、知名度の高い「フレームワーク」を実戦的に焼き直し、例示している点で、マネジメントに応用する時に参考にできる点です。それは、著者の豊富・多様な経験と実戦力によると思います。それでは、紹介本の中から、これは注目に値すると思われるいくつかを次項でご紹介します。

 

■      経営戦略の知見を活かせる領域を広めよう

【「バランス・スコア・カード」に拘らない、CSF、KGI、KPIの使い方】

 最近「KPIマネジメント」を使っている企業が多く見られます。本紹介本でも、KPI(Key Performance Indicator:業績指標)を使った部門オペレーション管理を行う例が紹介されています。そこでは、KPIを束ねる指標としてKGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)を、KGIを束ねる指標としてCSF(Critical Success Factor:重要成功要因)を使っています。「バランス・スコア・カード」で一般的に使われる、KGI(戦略目標)⇒CSF(重要成功要因)⇒KPI(業績評価指標)とは一致していません。この様に既存のフレームワークを、実戦に合せ、応用的に使うやり方は、もちろん著者の経験に基づくものと思いますが、「目から鱗」のような新鮮さを感じました。

【資金調達を可能にする事業計画】

 事業計画の作成については多くの著書がありますが、本紹介本の説明は7ページにわたる図表で説明されており(「収支計画」「売上原価・経費計画」も含む)、目的はベンチャーキャピタル等からの資金調達のためのものですが、一冊の専門書以上に、実戦的に書かれています。

 特に、表題(参考になる表題名の例)、内容(どのような分析手法を使って作成するかも書かれている)、注意点(痒いところに届くような適切・簡明な要点が書かれている)、更にはページ数の目途まで書かれており、事業計画作成については極めて実戦的で、実務でも応用・活用できるものです。毎年の経営計画(予算管理)策定にも、応用したいですね。最初の年度は少し労力を要しますが、次年度からは軌道に乗り、経営改善の効果が明確になってくるでしょう。

【その他の「注目点」】

 上記以外にも、IPOについては、事前準備の段階から、費用も含め、体制作りなど、簡明に書かれており、一読に値します。IPOをしなくても、成人(IPO)企業と同等の信用を得るために、IPOの事前準備項目の何を取り入れたらよいか(コーポレートガバナンス、CSRなど)も理解できます。

 その他、「5S」、「ファイブフォース・分析」、「ブルーオーシャン戦略」、「キャズムとイノベーション理論」等についての実戦的図解や動態的図解は参考になります。詳しくは紹介本をお読みください。

 

■      経営については何時も「木と共に森」を見よう(むすび)

 紹介本は、経営戦略全般について、簡明且つ網羅的に書かれた著書と思います。経営者の皆さんにとって、コンサルタントにとって、自らの強みの分野についての、新たな視点を得るとともに、経営全般についても、「ここは注力しなければ」と視野を広げて見直す機会を与えてくれるのではないでしょうか。

 著書の表題は「・・・が10時間でわかる本」とありますが、このブログ・メルマガの読者の皆様の力をもってすれば、3~5時間で読了できます。楽しく読めて、実戦で使える本です。

【酒井 闊プロフィール】

 10年以上に亘り企業経営者(メガバンク関係会社社長、一部上場企業CFO)としての経験を積む。その後経営コンサルタントとして独立。

 企業経営者として培った叡智と豊富な人脈ならびに日本経営士協会の豊かな人脈を資産として、『私だけが出来るコンサルティング』をモットーに、企業経営の革新・強化を得意分野として活躍中。

  http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2091.htm

  http://sakai-gm.jp/

 

【 注 】

 著者からの原稿をそのまま掲載しています。読者の皆様のご判断で、自己責任で行動してください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道 ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人の60%が見るというサイトです。経営コンサルタント歴35年の経験から、経営コンサルタントのプロにも役に立つ情報を提供しています。

スポンサーサイト

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2017/05/23(火) 12:05:00|
  2. 経営コンサルタントの本棚