fc2ブログ

■トップコンサルタントのブログ 40年余の実績で語る成功の秘訣

 経営コンサルタント歴40年のキャリア。「コンサルタントのためのコンサルタント」  お節介焼きを信条とし、グローバルな視点で、経営者・管理職の立場に立ってお手伝いします。

【話材】 昨日4/07のつぶやき TOEIC(トーイック)は日本人の発案で実施され始めたのです

 


  【話材】 昨日4/07のつぶやき TOEIC(トーイック)は日本人の発案で実施され始めたのです


 



経営コンサルタントとして感じたことを毎日複数のつぶやきをブログでお届けしています。


もし、お見落としがありましたり、昨日のブログで再度読みたいつぶやきがあるというときに便利なページです。


本日も、複数のブログで、つぶやき済です。


    https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7f6b35af381d8f3b080d7f6c5ba0f6fd




晴れb49



 



■ 昨日は、下記のリストのようなことをつぶやきました。




konsarutanto   ◇ 昨日のつぶやき ◇ 




>> もっと見る





 【カシャリ! ひとり旅】を映像にして紹介しています。



   ユーチューブで見



 



 バックナンバー




スポンサーサイト



テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2022/04/08(金) 08:15:00|
  2. つぶやき

【カシャリ!庭園めぐりの旅】 鳥取県米子市 皆生温泉・東光園庭園 白砂青松と大山の勇姿の温泉街の池泉庭園

 


  【カシャリ!庭園めぐりの旅】 鳥取県米子市 皆生温泉東光園庭園 白砂青松と大山の勇姿の温泉街の池泉庭園


 



 


 若い頃からひとり旅が好きで、経営コンサルタントとして独立してからは、仕事の合間に旅をしたのか、旅行の合間に仕事をしたのかわかりませんが、カメラをぶら下げて【カシャリ! ひとり旅】をしてきました。



 旅のテーマは寺社や庭園めぐりです。


 日本には「日本庭園」と呼ばれる庭園だけではなく、「イングリッシュガーデン」など、海外の庭園形式をした庭園も多数あります。寺社を訪れたときに、想定していなかったところに、庭園を発見することがあります。



 下手の横好きで、【カシャリ! ひとり旅】を続けていますが、その一環で訪れた庭園を順次紹介してまいりたいと思います。



■ 鳥取県米子市 皆生温泉東光園庭園 白砂青松と大山の勇姿の温泉街の池泉庭園


 


 皆生温泉(かいけおんせん)は、米子市の北、日本海に面した山陰を代表する海辺の温泉地です。

 白砂青松の美しい海岸線と中国地方最高峰の大山を眺めることができ、「日本の渚100選」、「日本の白砂青松100選」、「日本の夕陽・朝日100選」、「都市景観100選」、「日本の水浴場88選」に選定されています。



健康と美肌を作る温泉

 泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉で、湧出量は毎分4456.5リットルと豊富な湯量を誇っています。源泉数は19カ所あり、源泉温度は63〜83℃と高温です。主な効能は神経痛、リウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人病などに有効です。近年お湯の調査から美肌効果に優れていることが分かり、女性にとって喜ばれる温泉として注目されています。「ホカホカ、ツルツルの健康と美肌をつくる」温泉です。

 



ホテルロビードアの眼前に広がる


 



惚れ惚れする石畳


 



石畳右側に沿う石橋のある池


 



正面にある滝が庭園に響く


 



 



石畳左の小池


 



玄関前の枯山水庭園


 



ユニークな石組み


 



七福神のレリーフ


 



 


 


 








ユーチューブで視る 【カシャリ!庭園めぐりの旅】



写真集は、下記URLよりご覧いただくことができます。



静止画: http://www.glomaconj.com/butsuzou/meisho/indexmeisho.htm

映像:  http://www.glomaconj.com/butsuzou/meisho/indexmovie.htm 



【 注 】 映像集と庭園めぐりは、重複した映像が含まれています

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2022/11/29(火) 12:35:00|
  2. 【カシャリ!庭園めぐりの旅】 

◆【経営コンサルタントの独り言】 省庁を始めお役所やその部署の数はなぜ減らせないのでしょうか? b28

 


  経営コンサルタントの独り言】 省庁を始めお役所やその部署の数はなぜ減らせないのでしょうか? b28


 



 


平素は、ご愛読をありがとうございます。


経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。


 


■ 省庁を始めお役所やその部署の数はなぜ減らせないのでしょうか? b28


 


 税関(Customs)は、国際的な物流の管理に関与する機関で、海外から貨物が入ってくる空港や港には必ずおかれています。


 私たちには、あまり税関とは馴染みがありません。


 空港で出入国検査の時に、一定の基準以上の物品の持ち込みには税金がかけられます。


 しかし、これは人間の出入国に関する管理ですので、それは法務省入国管理局が担当しています。


 お役所は、専門が複雑に分かれていますので、それぞれの専門で担当部署や管轄官庁が必要となります。


 お役人を多数抱えることにより、国民の失業率を下げる役割をしています。


 その分、国民は税金という形で、お役人の給与を間接的に払っているのです。


 お役所の数やお役人の数を減らすことにより、ムダな出費を大きく減らすことができます。


 これをピーターの法則(他の意味合いもあります)と言います。


 お役所の数を増やすと、それに伴い、お役人の数が増え、結果として税金の持ち出しに繋がります。


 とろこが、お役人根性と言いますか、お役所は部署を減らすことには消極的です。


ドアノブ)


 


◆ ツイッターでのつぶやき 



konsarutanto

 




経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】


 ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職


 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語


 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2022/11/29(火) 09:05:00|
  2. 経営コンサルタントのひとり言

■【きょうの人】 1129 マリア・テレジア ハプスブルク帝国の領袖・女帝

 


  【きょうの人】 1129 マリア・テレジア ハプスブルク帝国の領袖・女帝


 



 独善的な判断で、気になる人を選んでご紹介しています。


 そこに歴史や思想、人物、生き方などを感じ取って、日々の生活やビジネスに活かしてくださると幸いです。


 


■ マリア・テレジア ハプスブルク帝国の領袖・女帝





 
独: Maria Teresia

 1717年5月13日 - 1780年11月29日



 神聖ローマ帝国のローマ皇帝カール6世の娘として生まれました。



 ハプスブルク=ロートリンゲン朝の皇帝フランツ1世シュテファンの皇后になりましたが、共同統治者として君臨しました。オーストリア大公、ハンガリー女王や他国女王にも在位し、ハプスブルク帝国の領袖、「女帝・天帝」として知られています。



 彼女は、好んでだ称号(サイン)である「Königin(女王)」と「Kaiserin(皇后)」の頭文字を取り、「K.K」を好んで用い、以後のハプスブルク家では、これを慣例的に用いました。



神聖ローマ皇帝カール6世は男子に恵まれず、長年後継者に悩んだ末娘のマリア・テレジアにハプスブルク家領(オーストリア)を継がせました。当時、女性の相続は認められていませんでしたが、国事詔書を発布して強行しました。



 これが火種となり、オーストリア継承戦争(1740年-1748年)に発展し、ヨーロッパの主要国を巻き込んだ戦争となりました。



 夫フランツが崩御しますと、マリアは以後、喪服だけをまとって暮らし、夫の墓所で祈りを捧げることが多くなったと言われています。彼女の肖像画に喪服姿が多いのはこのためです。



 七年戦争でさらに力を付け、マリアによる改革は進められ、啓蒙主義的な官僚の勢いが強くなり、保守化の傾向を強めました。



 息子ヨーゼフ2世が帝位に就くと崩御するまで共同統治を始めましたが、ヨーゼフと次第に対立、マリアへの不満も高まりました。しかし、さすがの女帝も病には勝てず、63才の生涯を閉じることになりました。



 今日でも、マリア・テレジアに対するオーストリアの敬意は続いているようです。私が、オーストリアの会社を訪れたときに、お土産として、マリア・テレジアのコインをいただきました。


 



◆ 【きょうの人】 バックナンバー


 歴史上で活躍したり、仏教など宗教関係の人であったり、ジャンルはいろいろですが、彼等から、学ぶところが多々ありますので、それをご紹介します。


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/b57a13cf0fc1c961c4f6eb02c2b84c9f


◆ 【今日は何の日は、毎日発信しています。


 一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。 地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。 誰かの誕生日かも知れません。 歴史上の出来事もあります。


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/b980872ee9528cb93272bed4dbeb5281


◆ 【経営コンサルタントのひとり言】


 経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うコンテンツで毎日つぶやいています。 


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/a0db9e97e26ce845dec545bcc5fabd4e


【 注 】


 【きょうの人】は、【Wikipedia】・当該関連サイトを参照・引用して作成しています。

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2022/11/29(火) 08:35:00|
  2. 【きょうの人】

【話材】 昨日11/2のつぶやき 省庁を始めお役所やその部署の数はなぜ減らせないのでしょうか?

 


  【話材】 昨日11/2のつぶやき 省庁を始めお役所やその部署の数はなぜ減らせないのでしょうか?


 



経営コンサルタントとして感じたことを毎日複数のつぶやきをブログでお届けしています。


もし、お見落としがありましたり、昨日のブログで再度読みたいつぶやきがあるというときに便利なページです。


本日も、複数のブログで、つぶやき済です。


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7b72411154de56cb6664ca271f12a3d5



曇りym3


■ 昨日は、下記のリストのようなことをつぶやきました。



konsarutanto   ◇ 昨日のつぶやき ◇ 



>> もっと見る





 【カシャリ! ひとり旅】を映像にして紹介しています。



   ユーチューブで見



 



 バックナンバー





 

テーマ:経営コンサルタントからのアドバイス - ジャンル:ビジネス

  1. 2022/11/29(火) 08:15:00|
  2. つぶやき
次のページ